サイトマップ

ECの形態

ECとは、electronic commerce(エレクトニック コマース)の略で電子商取引のことです。簡単に言うと、インターネット上で商品の取引をするということです。ECには大きく分けて3つの形態があります。1つ目は企業同士の取引で、B to B(Business to Business)と呼ばれています。webサイト上で企業間が売買の取引を行う電子市場などがこの例です。2つ目は企業・消費者間の取引で、B to C(Business to Consumer)と呼ばれています。 インターネットを通して株の売買をするオンライントレードやインターネット上で商品を販売するオンラインショップなどがこの例です。3つ目は消費者同士の取引で、C to C(Consumer to Consumer)と呼ばれています。インターネットオークションなどがこの例です。以前はECといえばB to Bが主でした。最近ではインターネットの普及により、オンラインショップが増加し、スーパーマーケットもネットスーパーのサービスを始めるなど、普段の買い物をネットで済ませる人も多くいます。また、インターネットオークションの利用者の増加などもあり、ECは私たち一般の消費者にとって身近なものとなっています。どの形態にしろ、インターネット上で取引を行うにはその環境が必要です。環境を構築するための知識と技術があればよいのですが、個人でインターネットショップを開く場合などゼロからサイトを構築することが難しい場合があります。そんな時に便利なのがECサイト構築のパッケージです。

 

○注目サイト
今人気のクラウドでECサイトを構築出来るサービスです・・・ECサイト構築 クラウド